読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールアバウトTech Blog

株式会社オールアバウトのエンジニアブログです。

ドリコムさん、SpeeeさんとクローズドLT会を開催しました!

@takkyです。 先月9/29(木)にドリコムさん、Speeeさんと合同でクローズドLT大会(#adslt)を開催しました。
f:id:allabout-techblog:20161024182522j:plain

今回のLT大会は、新卒で入社した3年目までのエンジニアが各年代ごとに1人ずつ計9人発表する形式でした。

※ここでのクローズドは発表者・参加者が3社の方に限るという意味で使っています。
当日の楽しい様子に関してはtwitter#adsltで検索してみると良いです。

続きを読む

サイトを37倍に高速化した7つの手法

今回はオールアバウトのnnmrが弊社サイトAll About Japanの速度を高速化した経緯についてまとめます。

All About Japanとは

そもそもAll About Japan(以下AAJ)とは何かといいますと、弊社が提供している訪日外国人向けの日本紹介サイトです。
外国人向けサイトで、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、タイ語、韓国語の5か国語に対応しております。
「Anime」「Izakaya」「Ninja」といったような特集や、実際に観光する人向けのモデルルート記事が特色です。

■ 特集
特集記事一覧 (url : http://allabout-japan.com/en/tag/sushi/ )

■ モデルルート記事
モデルルート記事 (url : http://allabout-japan.com/en/article/222/ )

技術的な紹介

LAMP環境です。
(サーバー構成は後に記述します)
また、PHPフレームワークにLaravelを使用しております。

高速化したきっかけ

ある日のこと、

「最近、All About Japanが遅くない?」

という話が上がり、実際に調査を行ったところ、このような結果が出てきました。

続きを読む

サービス成功のためにチーム開発でエンジニアができること

こんにちは、オールアバウトの筋トレエンジニア芸人の@musclemikiyaです。 普段はCafeSnapというiOS/Andorid向けのネイティブアプリの開発を行っています。 このアプリは大手チェーン以外の個性光るオシャレカフェの情報が満載なアプリですので、ぜひ使ってみてください。

さて、今回はサービスの成功可能性を高めるために、エンジニアがどのようにサービス開発に関わっていくかです。 エンジニアのサービスへの関わり方は様々だと思いますが、今回はよりサービス運営に近い立場のエンジニア(チーム)を想定しています。

※チームの規模やフェーズによって当てはまらないこともあるので、一意見として参考にしていただければと思います。

続きを読む

開発合宿でプロダクトを完成させるための5つの準備

こんにちは。オールアバウトの@naga1460です。

先日は1泊2日の開発合宿に参加してきました。

allabout-tech.hatenablog.com (合宿全体の様子は↑こちらの記事をご覧ください!)

合宿ではチームに分かれて開発を行ったのですが、私のチームでは最終的に2つのプロダクトを作り上げることができました。

2日間という短い時間でプロダクトをきちんと完成させるために必要な5つの準備を、今回は紹介したいと思います。

時系列に沿って説明していきます。

続きを読む

SeleniumでE2Eテストを始めよう

オールアバウトのsankameです。

突然ですが、Webブラウザのテストってやりずらいですよね…

ブラウザ毎に挙動が違ったり、結局、担当者頼みになって、その人が代わったらまた障害が起きて…と。

エンジニアならこういう問題はさっさと自動化してスマートに解決したいものです。

※このアプリのソースコードはページ末尾のリンクからご利用下さい。

…とは言え、「なる早でリリースを」という場面ではテストは後回しにされがちで、さらに第2フェーズが始まると尚更テストに時間を割くのが難しくなります。(※1)

オールアバウトではユニットテストがまだ全アプリに入っていない状況ですが、とにかくハードルを下げつつ半年ほど前からE2Eテスト(※2)を実施しています。(※3)

(※1) オールアバウトには専任のQAチーム (Quality Assurance)がないため、開発エンジニアがそれを担当しています。

(※2) End to End Test (ネットワーク終端ホストによるテスト)。Webブラウザによる利用者視点でのテストと解釈。

(※3) Google社によると、本来は[ユニットテスト数] > [E2Eテスト数]とのこと…参考

続きを読む